これは進化が前提の説です。創世記2章1節で「こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。」と書かれており、そして2節に「神は第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。」と続けて書かれています。すなわち、すべての創造の業が終了したことを宣言しておられます。

そして「神は第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。」と七日目は特別の日であり、聖であるとして、特別に祝福されたのです。創造の御業は厳密には第七日の安息日をも含めて完結されたと理解されます。