人の寿命が100歳ぐらいになったのはノアの洪水以降です。
アダムからノアまではほぼ全員、900年前後生きていますが、息子セムは500年、その子や孫は約400年、アブラハムやその父テラは約200年というように約半分ずつに減少していき、モーセの頃になると120年になってしまいました。この状態が今日も続いています。

これはノアの洪水前後で、地形や気象と共に人体にも大激変が起こったからと考えられます。原因は明確ではありませんが、ノアの洪水の出来事をきっかけに、寿命に関する遺伝子に大きな変化が起きたと考えられています。