科学者たちは一般的に、宇宙の起源は約137億年前、地球の起源は約46億年前、生命の起源は約38億年前と言います。これは、進化論の考え方に沿って考えるために、このような長さになるのです。
進化論の考え方に立つならば、すべてが自然に偶然に起きなければなりませんから、宇宙・地球・生命のように複雑なものが無から自然にできるには、気の遠くなるほど長い年月がなければならないのです。
しかし、宇宙・地球・生命を設計・創造されるほどの力のある方がおられるのであれば、そのような長い年月はまったく必要ありません。