進化論的には定説はありません。巨大な彗星の衝突によって気温が急激に下がり、絶滅したとの説がよく取り上げられていますが、彗星の衝突によって引き起こされたどのような現象で恐竜が絶滅したかは分かっていません。衝突によって巻き起こされた気象の激変説や衝突による急激で猛烈な気温の上昇説だとか、気温低下でオスばかり生まれるようになったため絶滅したという説まであります。また、彗星 衝突説以外にも、アルカロイド中毒説や集団便秘説、哺乳類との競合説、火山活動説などが提唱されています。

創造論では、恐竜も箱舟に入ってノアの洪水を生き延び、上記にあるように、比較的最近まで生きていたのではないかと考えます(世界各地にあるドラゴン伝説もそのことを示していると考えられます)。そして、今日、様々な種の生物が環境の変化に耐えられずに絶滅していっているように、恐竜も洪水後の世界において絶滅していったと思われます。