恐竜の化石は沢山発掘されているので、今では恐竜の実在が疑われることはほとんどありません。ごく最近、完全に化石化されておらず、血管を含む軟組織が残っているティラノサウルスの骨の化石が発見されたことがサイエンス誌に発表されました(2005年3月)。この恐竜の軟組織の発見は、恐竜が絶滅したのがよく言われているように約6500万年前といった太古のことではなく、つい最近のことだと示す決定的な証拠と言えます(軟組織が何千万年も間保存されるというのはありえないため)。

聖書では、恐竜は創造週の5日目もしくは6日目に創造され、6日目に造られたアダムと同時代に生きていたことを記しています。